親と子がともに前を向く姿勢 | 予備校はいろいろある!少人数制や医学部特化の予備校で学ぼう!

親と子がともに前を向く姿勢

考えている女性

予備校、個別指導塾、家庭教師などを比較する際は、まず入学費用や月費を参照すると思いますが、実際の判断材料は、そこの塾の講師の人に直接相談することです。これは、親業のひとつですが、親が真摯にその対応に打たれるところでは、親は動きます。そして費用も動くものです。確かに、予備校、個別指導塾、家庭教師は、仕事で教育を代用していますが、本気に真剣に子供の事、その将来のことを一旦預かって、指導していることろには、熱がこもります。よく、浪人生でだらだらとしていまい、元気を失うという事がありますが、親業としてはそれは失格です。そして、その態度をなじる事にも、親の責任が垣間見れます。親自身が応援するのは、この塾にいれば、という責任放棄ではなく子供の面倒を見るという点で金額を払う訳ですから、その意味についても教えそして金額で塾関連を選ぶことなく、その指導要領が優れているかどうかで選択することです。それは、大学に受かるという単純な成果ではなく、子供の成長の一過程ですし、子供にとってもその経験が活かされるような指導を親がしなくてはいけません。教育と言うのはただで受けられるものではありません。そして、その教育に塾関連でさらに追加するためには、親業としての負担もあります。その上で、子供に何が重要か教えられることは、その金額の出どころをしっかり教える事と、親自身が大人の社会の眼で、予備校、個別指導塾、家庭教師を選ぶことになります。予備校で大事なのは、親の目線と子供がどこを向いているかです。